セキュリティ_コピー機

個人情報保護法が施行されてから、
コピー機のセキュリティに対しての感心も
強くなったようです。

コピー機で保存されたデータは、USBメモリなどを
用いて、外部に持ち出すことが可能なので、
大事な情報が漏洩する危険があるのです。

又、コピー機の中には、プリンタ機能がついているものも
あるので、印刷されて外部に持ち出される危険もありますね。


この場合、足取りを掴むのは困難になってしまうので、
プリンタを使用する場合は、いかなる時も
誰がいつ、どのような内容をプリントしたのかを
記載する仕組みがサーバで履歴として
保存できるセキュリティが出来ました。


コンビニなどでは、気楽にコピーやプリントを
している方がいますが、置き忘れなどにも
注意が必要ですね。

私の近くのコンビニでは、コピー機の前にも
防犯用のセキュリティカメラが設置されていて、
二重のセキュリティ対策を行っているようです

セキュリティハウス

セキュリティハウスというものがあるのを
ご存知ですか?

セキュリティハウスとは、「侵入されたら
どうするか?」というコンセプトよりも
「進入させないためにはどうするか?」に
重点を置いた家です。


泥棒や火災などを未然に防ぐための予防のセキュリティ、
万が一起きた場合も被害を最小限に食い止めるための
初期対応のセキュリティ、被害を補償する事後処理の
セキュリティなど状況や予算に合わせて
オーダーメイド感覚で取り入れることが出来ます。

全国に広がってきているので、これから
家を建てられるかたは、視野に入れておくと
いいかもしれませんね。

自分の家は自分の手で守る。

そんな時代が来ていますね

セキュリティ_取り付け

いざ、セキュリティを取り付けようと思っても、
取り付け業者に頼むと、軽く見積もってみても
10万円はかかってしまいます。

それでも、作業内容や安全性などを考えれば
10万円で安心を買えると思えば、決して
高い買い物ではないのでは?と思います。

業者独自の手法などもあるでしょうから、
様々な業者に問い合わせて、納得のいくまで
話し合いをした上で、セキュリティ取り付けを
依頼するといいですね。

カーセキュリティを取り付ける場合は、
トラップは外部から分からないようにつけましょう。

1つだけに頼るのではなく、いくつも付けておけば
信頼性も高くなります。

万が一のことも考えて、家族の車それぞれに
違うカーセキュリティを取り付けるのも
予防策の1つになります。

住まいのセキュリティ_セキュリティカメラ

セキュリティカメラにも色々な種類があります。

・ドームカメラ

  形がドーム型になっていることから、
 外観が目立たず、威圧感もなくなります。

 主に、会社の受付や病院の待合室など、
 目立たずにソフトに監視する際に使用されます。


・小型カメラ

小型カメラは現在、様々な分野で用いられています。医療機器などにも使われていますし、
携帯電話や工業機器などにも使用されています。

最大の特徴は画質の良さ。
光の少ないところでも、高感度のため、
より良い画像を映し出すことが出来ます。



・センサーカメラ

赤外線センサーが装備されているカメラのことで
被写体の表面を一定感覚でスキャンした画像を
ビデオ信号として出力するカメラです。

カメラの前を通過すると、センサーが反応し、
シャッターが下りる仕組みになっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。